前を向いて

人生における、失敗、屈辱、苦手意識、嫌な事、怒り、我の欠点・・数々あれど、
それらを何時しか垢の様に塗れさせ、時折思い起こして後生大事に負の資産 としている人は多い。
が、それらを幾ら振り返っても、未来にもたらすものは何もありません。
自省による気づきは得ても、トラウマ的に足かせにすれば、ブレーキとなって、明るい未来への道を遠ざけるでしょう。

心を後ろに向けるのも前に向けるのも自由。
同じ向けるなら希望の道の方が良いに決まっています。

昨日の嫌な事は忘れてしまおう。 積もり積もった負は、青空のシャワーで洗い流そう。
身軽になったその心で、さあ、前に歩いていこう。
きっとラッキーな事にも遭遇するだろう。
忘れる事こそが始まり。

« 前のページへ戻る