新着情報

主体的に生きる

毎朝、新聞の「今日の運勢」欄を見ます。と言っても、占いに頼ることはありません。そこに良いことが書いてあれば「ラッキー。今日は期待できるぞ」と考え、少々のマイナス的な言葉があれば「ちょいと自分に注意喚起」結構ポジティブ人間。
宗教に傾倒することもありません。真理に壁なし。
排他的にああだこうだいがみ合うのが不思議。鷹揚な日本の神さんが合う。

不動産取引に時々お神さんが登場。
「ちょいと先生に聞いてみます」あれはダメこれはダメ。。
そんな人は永遠に見つからない。今年動くのはやめた方がいい。
一旦西に行きその後南へ。ちょいと待って東の方角へ行くとそこにラッキーな出会いが。物も人も。。そうこうしているうちに人生の日が暮れる。
占いや宗教に、時に元気づけられながら心の拠り所としながらも、あくまで人生路の主体は自分自身。

私も、振り返れば独立した時も移転した時も殺界時。
あれが、「いや待てよ。今はやめておこう。来年にしよう」などと考えていたら今はない。
いやいや時期が悪かったからその後も苦労多かった。。
いちいちそんな事を考えていたら出会うものにも出会えない。
龍馬が、「わし、今年厄年じゃき、薩長同盟に動くんはやめよ。」そんなこと言っていたら龍馬が龍馬でなくなる。
運気は常に変化している。気持ちを前に向けた自力の姿に呼応するように運気は引き寄せられ、相応しき事象と人の縁を運んで来るのです。
神は我の中にあり。

結果は全て自分責任。
かと言って、真摯な心あれば真の神に見放されることはありません。
何度失敗しても、未熟さに地団駄踏んでも、気がつくかぎりチャンスを与えてもらえます。
天は実に寛容であり公平。天はその人の心に寄り添う。
事務所に神棚はありません。もらった数々のラッキーグッズで上等。
時々台湾生まれの招き猫の頭を撫で、布袋さんのお腹を触り。。
私のサポーター達に、「何時も有難う」「今日も頑張るぞ」と友達感覚で声をかけたり。

朝のテレビの星占いに元気づけられればよし。
おみくじも是非大盤振舞いのオール大吉で。。

人生はフィーリング。機会は間断なく巡っている 。

相談Dr.Next